和紙と絹の里の棚田

相倉(あいのくら)| 富山県南砺市

世界遺産「五箇山合掌造りの相倉集落」は和紙や絹の里として知られ、明治中期に斜面に桑畑を拓き、1950年頃に水田化した比較的新しい棚田です。近年世界遺産に認定されたこともあり、「世界遺産で米作り」実行委員会が中心となり、集落の農地や景観保全活動に取り組んでいます。
TANADAS掲載地

周辺スポット

霞ヶ滝、世界遺産記念碑

宿泊・温泉

周辺に民宿が多数あり

基本情報

所在地 富山県南砺市相倉
枚数 41枚
耕作面積 0.5a
耕作率 98%
標高範囲 m
平均勾配 1/8
法面の構造 石積み・土坡
開発起源 不明
水源 湧水
選定 つなぐ棚田遺産
保全団体
棚田オーナー制度
駐車場
お手洗

アクセス

↑↑↑ 航空写真に切り替えると棚田の全景を見れますよ!

公共交通 JR城端線城端駅から世界遺産バスで25分相倉口下車
自動車 東海北陸自動車道五箇山ICから国道156号経由車で約20分

お問合せ

平地域づくり協議会 tel  070-4436-0625

 icon-camera  投稿写真

投稿写真館はこちら

関連記事

  1. 上代田の棚田

    上代田(かみだいだ)| 岐阜県八百津町

  2. 江里山の棚田

    江里山(えりやま)| 佐賀県小城市

  3. 二見平野棚田

    二見平野(ふたみひらの)| 熊本県八代市