丘陵地帯の広大な棚田

軸丸(じくまる )| 大分県豊後大野市

阿蘇山噴火時の堆積物の土壌である緒方町軸丸地区の丘陵地帯は軸丸南の棚田、軸丸北の棚田などいくつもの小さな谷筋があり全体として広大な棚田団地を構成しています。1914年に農業用水路が完成し水田化可能な谷や傾斜地のほとんどが棚田として拓かれ50haを超える日本有数の棚田となりました。広大な棚田は雑木林で分断されているため棚田全体を俯瞰することはできません。軸丸北の部分が日本の棚田百選に選定されています。大規模灌漑施設から開削時の苦労がしのばれます。
TANADAS掲載地

特産品等

豊後牛・しいたけ・カボス・栗

周辺スポット

道の駅あさじ、原尻の滝

基本情報

所在地 大分県豊後大野市緒方町
枚数 1100枚
耕作面積 51ha
耕作率 80%
標高範囲 220m
平均勾配 1/11
法面の構造 土坡
開発起源 戦国~江戸時代
水源 河川
選定 百選の棚田
保全団体
棚田オーナー制度
駐車場
お手洗

アクセス

↑↑↑ 航空写真に切り替えると棚田の全景を見れますよ!

公共交通 JR豊肥本線緒方駅前からタクシー利用で10分
自動車 中九州横断道路(国道57号)朝地ICから国道46号を南下する。ICから4㎞

お問合せ

豊後大野市歴史民俗資料館 tel:0974-42-4141

 icon-camera  投稿写真

投稿写真館はこちら

関連記事

  1. 保護中: 西ヶ岡(にしがおか)| 兵庫県香美町

  2. 日引の棚田

    日引(ひびき)| 福井県高浜町

  3. 東後畑棚田

    東後畑(ひがしうしろばた)| 山口県長門市