神子原米をローマ法王に献上し地域おこし!

神子原地区棚田群(みこはら)| 石川県羽咋市

能登半島の玄関口とも呼ばれる羽咋市は、万葉集にも記された地名が残る歴史ある土で、今も邑知潟には白鳥が飛来するなど、多様な動植物や自然に抱かれた土地です。世界農業遺産に指定されている神子原地区棚田は美しい棚田と集落が織りなす景観、そして古くからの文化と風習が残る棚田として支持されています。展望スポットは小高い場所にあり、遠く日本海まで見下ろせ、吹く風は古代の空気を連れてきます。
構成する3町がそれぞれ組織する集落協定が中心となり、草刈や農業用設備の管理・修繕等を定期的に行っています。平成17年に神子原地区で生産されたコシヒカリを「神子原米」としてローマ法王に献上し、一躍有名となりブランド化に成功しました。

【2024年1月の能登半島地震による被害が多く見られます。災害に合われた方々や地域へご支援をお願いするとともに、観光でのご訪問はご迷惑にならないよう慎重にお願いいたします。】

地域の特産品  【能登半島地震前の情報】

米(神子米) 酒(神子) 酢(神子酢) 茶(神子茶)    ※ 特選能登神子原米は道の駅「神子の里」にて購入できます。

周辺のスポット 【能登半島地震前の情報】

道の駅(神子の里)  千里浜なぎさドライブウェイ

 宿泊・温泉情報  【能登半島地震前の情報】

千里浜温泉郷

耳より情報

羽咋獅子舞(石川の獅子舞

基本情報     [能登半島地震前の情報】   

所在地 石川県羽咋市 神子原町、千石町、菅池町
枚数 約4000枚
耕作面積 約178ha
耕作率 80%
標高範囲 150 ~ 400m
平均勾配 1/13
法面の構造 土坡
開発起源 不明
水源 湧水、小川
選定 つなぐ棚田遺産
保存会 有(神子原地区里山景観協議会)
棚田オーナー制度
駐車場
お手洗

 

アクセス

↑↑↑ 航空写真に切り替えると棚田の全景を見れますよ!

 

公共交通 JR七尾線 羽咋駅より車で15分。路線バス 羽咋駅発菅池行乗車 神子原下車 徒歩約15分。
自動車 能登有料道路 千里浜ICより車で約30分。国道415号線を羽咋から氷見方面に走行し、左側

お問合せ

羽咋市役所農林水産課 tel : 0767-22-1116
はくい市観光協会   tel : 0767-22-5333

  投稿写真

投稿写真館はこちら

関連記事

  1. 扇の棚田

    扇(おうぎ)| 熊本県産山村

  2. 市野川棚田

    市野川(いちのかわ)| 長野県麻績村

  3. 蘭島(あらぎじま)| 和歌山県有田川町