二百七十年守られてきた堰のある棚田
本木上堰の堰浚い作業

本木 ・早稲谷(もとき・わせだに)| 福島県喜多方市

喜多方市は会津盆地の北縁にありラーメンと蔵造りの建物で知られます。市の西部、旧山都(やまと)町の本木・早稲谷地区。一ノ戸川の支流、早稲谷川沿いに家屋が点在し、川を遡れば名峰飯豊山に至ります。周辺はコナラ、栗、楓の広葉樹が広がり、秋の紅葉も美しく、山野草の宝庫です。棚田は、山腹水路・本木(もとき)上堰(うわぜき)を水源にして広がっています。この水路は今から270年ほど前の江戸時代中期に会津藩の命令で造成が開始され、12年の歳月をかけて1747年に完成した全長約6㎞のほぼ素掘りの用水路です。水は飯豊山麓の橅(ぶな)の原生林を水源とする早稲谷川から取水した清冽な水です。それ以来長きにわたり、上堰は地元の人々により維持管理されてきました。周辺にはほかにも、同様に歴史のある水路が幾つか存在すると言われます。
TANADAS掲載地

棚田オーナー制度

icon-gear 募集期間:随時
icon-gear 会  費:オーナー一区画(2アール程度)3万円(棚田の大きさにより変わります)、サポーター1万円
icon-gear 作業内容:水路掃除、田植え、草取り、稲刈り、収穫祭など
icon-gear 参加条件:棚田を愛する方ならどなたでも
icon-gear 作業特典:作業に参加すると会費割引あります。オーナーは取れたお米を全て持ち帰りできます。サポーターは18キロの白米をお渡しします

イベント

毎年5月4日:本木上堰に水を通すための堰浚い作業ボランティア募集(地区の集会所に宿泊が可能で、交流会も開催。棚田や本木上堰の見学は随時受け付けている)

棚田米販売

上堰米(コシヒカリ、ひとめぼれ)や、醸造したお酒の販売

特産品

アスパラガス、そばなど

周辺スポット

JR磐越西線の列車が渡る「一ノ戸川橋梁」はSLの撮影スポット

温泉

公共温泉施設「いいでのゆ」(車で10分)

基本情報

所在地 福島県喜多方市山都町相川字大谷地など(本木行政区内)
枚数 80枚
耕作面積 6ha
耕作率 50%
標高範囲 250 ~ 300m
平均勾配 普通
法面の構造 土坡
開発起源 270年前(江戸時代中期~末期)
水源 本木上堰(早稲谷川)
選定 ふくしまの水文化
保全団体 本木・早稲谷 堰と里山を守る会
棚田オーナー制度
駐車場
お手洗

アクセス

↑↑↑ 航空写真に切り替えると棚田の全景を見れますよ!

公共交通 JR山都駅からタクシーで10分。(問い合わせ)山都タクシー:0241-38-2025
自動車 磐越自動車道会津坂下ICを降り、国道49号線を経由、県道43号線で山都町中心部から山都町一ノ木方面へ7㎞北上。ICから約40分

お問合せ

本木・早稲谷 堰と里山を守る会:tel. 080-2833-4196(浅見)
http://www.facebook.com/sekitosatoyama

 icon-camera  投稿写真

投稿写真館はこちら

関連記事

  1. 春日の棚田

    春日(かすが)| 長崎県平戸市

  2. 唐櫃棚田

    唐櫃(からと)| 香川県土庄町

  3. 下赤阪(しもあかさか)| 大阪府千早赤阪村