世界遺産・熊野那智大社にほど近い棚田

小阪(こさか)| 和歌山県那智勝浦町

世界遺産・熊野古道や、熊野那智大社、高さ日本一を誇る那智の滝で有名な那智勝浦町。そんな厳かな雰囲気に包まれた、神域とされる那智山の奥深くに、小阪の棚田はあります。「百選」には選定されていませんが、それに劣らない約500枚の壮観な棚田で、住民のおよそ半数が「Iターン」での移住者です。2005年に設立された「棚田を守ろう会」では、休耕田を復活させる活動に始まり、毎年田植えや稲刈りなどのイベントを行い、「作って守る・支援して守る・参加して守る・食べて守る」など棚田への多様な関わり方を提案しています。田植え前の時期、代掻きに昔ながらの牛を使った牛耕体験の様子が新聞に掲載され、話題になりました。棚田米はオーナー制度の他、地元の産直ショップなどで入手可能です。
TANADAS掲載地

特産品

マグロ、色川茶、さんま寿司、めはり寿司、熊野牛、くろしおイチゴなど

周辺情報

世界遺産・熊野古道(車で35分ほど)、那智の滝、那智大社、西国三十三所第一番札所青岸渡寺

温泉・宿泊

紀伊勝浦駅周辺(車で40分ほど)に、足湯、旅館、民宿多数(那智勝浦町観光協会

基本情報

所在地 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字小阪
枚数 500枚
耕作面積 10ha
耕作率 不明
標高範囲 250 〜 350m
平均勾配 1/5
法面の構造 石積み
開発起源 江戸時代(推定)
水源 串ノ谷川
選定 和歌山の残したい棚田・段々畑
保全団体 有(棚田を守ろう会)
棚田オーナー制度
駐車場
お手洗

アクセス

↑↑↑ 航空写真に切り替えると棚田の全景を見れますよ!

公共交通 JR紀伊勝浦駅または那智駅から町営バス色川線籠行きで「小阪」バス停下車(本数が少ないので時刻表のチェックを)
自動車 那智駅前より県道43号線経由で「小阪」バス停まで道なりに11km、20分

お問合せ

那智勝浦町観光産業課:tel. 0735-52-0555
棚田を守ろう会

 icon-camera  投稿写真

投稿写真館はこちら

関連記事

  1. 池谷・入山

    池谷・入山(いけたに・いりやま)| 新潟県十日町市

  2. 三乗の棚田

    三乗(みのり)| 富山県富山市

  3. 広内・上原の棚田

    広内・上原(ひろうち・うえばる)| 福岡県八女市