トウモロコシ栽培で繋ぐ棚田

津山町沢田地区(つやまちょうさわだちく)| 宮城県登米市

登米市津山町柳津沢田地区は、宮城県の北上川沿いの丘陵地に位置しています。当地区では、急傾斜で生産条件が厳しい棚田で、10数年前からとうもろこしの栽培を始め、今では地域の特産品としてJAや道の駅などで販売規模が拡大しています。これにより沢田地区の美しい棚田を含む里山風景を維持保全する活動を地区一体で守っています。また、ワークショップや援農ボランティアを実施しており、活動の継続に向けた取り組みや、体験農園の実施も検討されています。

地域の特産品

「はっと」、登米産牛、油麩丼、天然うなぎ

周辺のスポット

道の駅津山「もくもくランド」、横山不動尊、柳津虚空蔵尊

宿泊・温泉情報

三浦屋旅館

耳より情報

 

基本情報

所在地 宮城県登米市津山町柳津字沢田
枚数 31枚
耕作面積 5ha
耕作率 100%
標高範囲 40m
平均勾配 1/20
法面の構造 土坡
開発起源 不明
水源 湧水
選定 つなぐ棚田遺産
保存会
棚田オーナー制度
駐車場
お手洗

アクセス

↑↑↑ 航空写真に切り替えると棚田の全景を見れますよ!

公共交通 JR気仙沼線・柳津駅からタクシー利用で10分
自動車 三陸自動車道桃生津山ICより6分

お問合せ

登米市産業経済部農林振興課 tel : 0220-34-2709

  投稿写真

投稿写真館はこちら

関連記事

  1. 上仰木の棚田

    上仰木(かみおおぎ)| 滋賀県大津市

  2. 北片辺(きたかたべ)| 新潟県佐渡市

  3. 平林の棚田

    平林(ひらばやし)| 山梨県富士川町